少女 革命 ウテナ 劇場 版

少女革命ウテナ youtube 動画 少女革命ウテナストーリー 本作の主人公の天上ウテナは、幼い頃自分を助けてくれた王子様に憧れる少女である。だが、彼女は、いわゆる王子様がいつか迎えに来てくれるのを待つお姫さまではない。. 僕も少女革命ウテナ大好きです。 しかしあまり回答に自信が無いので答えられる質問だけ答えていきます。 少女 革命 ウテナ 劇場 版 劇場版とTV版ではどちらが良いか。 tv版→劇場版の順で見たのですが僕には劇場版がtv版のテーマを凝縮してなぞったもののように思えました。. オープニングテーマ「輪舞-revolution」 - 歌:奥井雅美 少女 革命 ウテナ 劇場 版 2. 漫画版では外伝に登場し、劇場版には登場しない。ゲーム版では選択肢によっては彼に黒薔薇のデュエリストにされてしまう(時系列はちょうど黒薔薇編直前なので、試験的にという名目ではあるが)。 千唾馬宮:川村万梨阿 1.

樹里の幼馴染。そのかわいらしげな外見とは裏腹に非常に自己中心的な性格であり、樹璃には歪なコンプレックスをひそかに抱いている。 2. 第1話「薔薇の花嫁」 (西園寺莢一 VS 天上ウテナ) 決闘の勝利者は、“薔薇の花嫁”姫宮アンシーと“エンゲージ”する。また、薔薇の花嫁とエンゲージした者は“世界を革命する力”を得るという。この奇妙な掟が支配する世界に、男装の美少女・天上ウテナが足を踏み入れた最初のエピソード。薔薇の指輪を持つ者だけが入れる学園の決闘広場、天を突く巨大ならせん階段、その頂にある広場から見えるのは、空に浮かぶ逆さの城。『ウテナ』のフェティシズムあふれる美術の数々が洪水のように押し寄せる。「世界を革命する力を!」のかけ声とともに少女の胸から剣が飛び出し、決闘の幕が上がる。これらのトンデモ表現(! 花の萼(がく) のどれ?意味深な名前だとは思わない?. ウテナ・カー とは、『劇場版少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』に登場する車のことである。 登場までの経緯 まず始めに、『 少女革命ウテナ 』の見所の一つに、デュエリストとの決闘シーンというものが存在する。. ? 少女 革命 ウテナ 劇場 版 少女 革命 ウテナ 劇場 版 2. 「truth」(1-24話) 作詞 - 藤林聖子 / 作曲 - 新井理生 / 編曲 - 平間あきひこ / 歌 - 裕未瑠華 「バーチャルスター発生学」(25話-38話) 作詞・作曲 - J.

STAFF。 製作スタッフには細田守、錦織博、五十嵐卓哉、桜美かつし、金子伸吾、長濱博史、武内宣之、林明美、相澤昌弘、香川久といった、ウテナ以降に大活躍する若手が一同に会するほか、小林七郎といった大御所も参加した。 また作中に流れる絶対運命黙示録をはじめとする合唱曲に、演劇実験室◎万有引力主宰者J・A・シーザーの協力を仰いでいる。 シュールで難解な展開、奇抜なデザイン、比喩や影絵を多用したアバンギャルドな演出、音楽にはアングラ劇団の合唱と、非常に独特な雰囲気と世界観をもった作品。 哲学的な言辞と象徴や図式を大小に首尾一貫してちりばめている。 小高い丘に建つ寮制の学校・鳳学園を舞台とし、「薔薇の花嫁」「エンゲージ」「王子様」「決闘」「革命」「世界の果て」など独自の抽象的なキーワードを軸に話が展開されていく。 最後まで具体的にそれらが何を指すのか明示しておらず、視聴者によって解釈がかなり異なる。 登場人物はそれぞれコンプレックスを抱いており、女. 2 31個の評価. 第38話「世界の果て」 天上ウテナ VS 鳳暁生 鳳暁生との最後の戦いに赴くウテナ。冒頭より流れ出す「絶対運命黙示録」により、これまでとは別格のシリアスさ、緊迫感だ。この回ではいよいよ本作のラスボスであり、ウテナが恋愛感情を持った相手でもある暁生との対決、そして薔薇の花嫁・姫宮アンシーのもっとも恐ろしい姿が描かれることとなる。“世界の果て”を見たウテナとともに、視聴者は現実と向き合うこととなる。 ウテナが“気高さ”を問われる最大の試練は、数々の決闘の集大成となった。決闘場には「学習机」や「アキオカー」が次々に現れては消え、ラストバトルを演出する。戦いの中、「僕が王子様になる」というウテナの決意により崩壊する決闘広場。そして衝撃的な結末! 物語の核心についてこれ以上は触れずにとどめるが、来たる最終回に向けた最高のクライマックスを、ベスト・デュエル最後の一本に挙げたい。 決闘テーマ曲:“体内時計都市オルロイ”(サントラCD『体内時計都市オルロイ』収録) 脚本:榎戸洋司 絵コンテ・演出:金子伸吾 作画監督:林明美 初回放送日:1997年12月17日 ©ビーパパス・さいとうちほ/小学館・少革委員会・テレビ東京 ©1999 少女革命ウテナ製作委員会 後編の記事はこちら. ? 自分は決して表に出ず、カウンセリングと称して自分のもとに来た人間に、「深く、もっと深く。」と相手の心の闇を暴き、最終的には「あなたは世界を革命するしかないでしょう。あなたの進む道は用意してあります。」と述べて黒薔薇のデュエリストに仕立て上げ、ウテナと戦わせていく。 2. . 《劇場版少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録》・・・全寮制の名門鳳学園に転校してきた、天上ウテナ。ある事件をきっかけに、志高く生きる決心をし、その決意から男装するようになった少女だ。. アンシーはウテナと関係を持とうと迫ってきます。 決闘に勝利しエンゲージした人とは誰とでも寝ると知り、アンシーに嫌悪感を抱くウテナ。 翌日プールサイドを掃除するウテナ達の元へ冬芽が現れます。 心の奥底では未だ冬芽の事を忘れられないウテナは、バラの刻印を持つ冬芽もアンシーとエンゲージした事があるのかどうかが気になって仕方がありません。 その時、水道から水が飛び散ってしまい、ウテナとアンシーが濡れてしまいますが、冬芽はアンシーだけを気遣います。 場面は変わり、電話で何者かと話す冬芽。 電話の主はため息をつきながらこう話します。 妹がバラの王子様を閉じ込めてしまい、王子様を返せと民衆達が押し寄せてきた。 ところが実は妹は魔女で、ハエの大群を魔法で王子さまに見せかけていた。 だから妹の魔法が消えたとき、王子様も元の姿に戻ってしまったのだと。 冬芽は、それであなたは失われた妹の魔法を取り戻すためにこのゲームを仕組んだ、でも最後に手に入れるのは自分だと言います。 その夜、どこかへ出掛けていくアンシーの後をウテナが追ってみると、行き先は空中庭園でした。 高所に立ち、ただ虚空を見つめていたアンシーは、ウテナが入ってきたのに気付くと明るい調子で水遣りを始めます。 アンシーの口から冬芽の話題が出た事で、ウテナは逆上してアンシーに詰め寄り、冬芽が自分の元から去ったのはお前のせいなんだろと言って泣きます。 泣き疲れて眠ってしまったウテナをアンシーは解放し、目を覚ましたウテナをダンスに誘います。 星空の下、バラが溢れる中二人は踊ります。 翌日デッサンの授業でウテナとアンシーはペアになります。 屋外で描いてもいいということで、アンシーの後を付いていくウテナはやがて高い塔の上の展望室に辿り着きます。 アンシーを描きながらウテナは、エンゲージとか決闘はなしにしてただ君と友達になりたいとアンシーに長々と語りますが、アンシーは退屈している様子で聞いています。 そろそろ交代することを提案するアンシーですが、ヌードを描きたいとアンシーは言います。 しぶしぶ服を脱ぐウテナですが、自分だけ脱ぐなんて不公平だと文句を言います。 するとアンシーは、そうねと言い自分も脱ぎ始めたのです。 皆がバラの花嫁を欲しがる理由を教えてあげると言い、全裸になったアンシーの胸にはなんと大きな穴が開いていたのです。. 「少女革命ウテナ」に出会い、主人公のウテナに憧れを抱いた子どもでした。今回放送される劇場版も、当時映画館で圧倒され、2回目を観に行ったのを覚えています。 今回初めて観る方は、世界観を一回で理解することは難しいかもしれません。.

挿入歌(27話)「夜明けのスキャット」 8. 劇場版 少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録 オリジナルサウンドトラック 〈アドゥレセンス・ラッシ〉 (東京音楽書院、1999年9月20日発売) isbn. エンディングテーマ2(25~38話)「バーチャルスター発生学」 - 歌:上谷麻紀 4. 劇場版では車になる。 姫宮アンシー:渕崎ゆり子 1. (そしてさらに疾走するアキオカー)。回を追うごとにエスカレートしてきた演出、理屈ではとうてい説明できない現象。シュールすぎて笑いになるギリギリアウトという線を攻めてきているが、常に想像の斜め上を見せてくれる世界観にはますます夢中にさせられるばかり。 決闘は、序盤の敗北で退場して以来の復帰となった西園寺莢一とウテナの再戦。第3クール突入とともに決闘の演出も一新され、らせん階段を昇るゴンドラ(エレベーター)、ゴンドラの中で変身するウテナとアンシーという、ミステリアスでちょっと怖いシーンも登場する。そのうえで、決闘広場に登場するのがアキオカーだ。広場一面の地面から大量の車が垂直に飛び出すわ、運転手のいない車が広場の壁を走り回るわの大混乱(この状況でも登場人物が意に介さないというのもまた可笑しい)。しかしこの異常な舞台で繰り広げられる決闘は、結果的にすさまじくカッコいい映像となっている。決闘テーマ曲の「バーチャルスター発生学」がこの回からの新EDテーマとして再登場する流れも心地よい。いよいよ後半戦が始まる盛り上がり感も手伝って、忘れがたい一本となった。 決闘テーマ曲:“バーチャルスター発生学”(サントラCD『体内時計都市オルロイ』収録) 脚本:榎戸洋司 絵コンテ:風山十五 演出:金子伸吾 作画監督:相澤昌弘、長谷川眞也、長濱博史 初回放送日:1997年9月17日.

テレビアニメ『少女革命ウテナ』は、1997年4月2日から同年12月24日までテレビ東京系で放送された。全39話。略称は「ウテナ」。 新世紀エヴァンゲリオン、機動戦艦ナデシコと並び、スターチャイルドレコードがプロデュースした1990年代を代表するアニメである。 Blu-rayは「Complete Blu-ray BOX」が発売中。 漫画版は少女漫画誌「ちゃお」にて1996年9月号~1998年3月号まで連載され、現在は文庫コミック全3巻、20年後を描いた「After The Revolution」が発売中。ただし漫画版の20年後ではなく、アニメ、映画、漫画の世界線が混ぜられた世界線となっている。 1999年夏には完全新作の劇場版『少女革命ウテナアドゥレセンス黙示録』が公開された。 舞台化も数回されており、年には約18年ぶりの舞台化である「白き薔薇の蕾」が上映された、年は「深く綻ぶ黒薔薇の」Netflixを筆頭に、各種動画サイトでも配信中。 監督はセーラームーンでおなじみ幾原邦彦、シリーズ構成を榎戸洋司。 キャラクターデザインは長谷川真也が担当。 彼ら三人に、キャラクター原案及び漫画版を担当したさいとうちほ、プランニング小黒祐一郎を加えた製作チームがビーパパス(Bepapas)である。 アニメーション制作はJ. 合唱曲「絶対運命黙示録」 作詞・作曲 - J. 人気TVシリーズ「機動戦艦ナデシコ」「少女革命ウテナ」「アキハバラ電脳組」の劇場版をDVD-BOX化。『機動戦艦ナデシコ -The prince of darkness-』『少女革命ウテナ・アドゥレンス黙示録』『アキハバラ電脳組~年の夏休み~』を収録している。. アストラガルス地球双六; 歴史望楼「文字砂漠」 プチ万象の生命孤独史. 。 2.

物見の為の高い建物、高殿 2. 。. エンディングテーマ3(39話)「Rose&release」 - コーラス:奥井雅美 5. ヴォーカル:奥井雅美 作詞:奥井雅美 作曲:矢吹俊郎 編曲:矢吹俊郎. 今回俎上に上げるのは、tv版放映の翌々年、99年7月に公開された劇場版『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』だ。 難解と言われる『 少女革命ウテナ 』シリーズだが、その原因は、ひとつの言葉が、シチュエーションによって全く違った意味で用い. ある日、鳳学園に天上ウテナという学生が転校してきます。 クラスメイトの篠原若葉が学園を案内してくれることに。 二人の女生徒が送る校内放送が流れる中、校内を歩く二人。 女の子に大人気のフェンシング部では、生徒会メンバーでありフェンシング部キャプテンでもある有栖川樹璃と、同じく生徒会メンバーである天才少年、薫幹が戦っています。 樹璃は皆から「王子様」と呼ばれており、女の子に大人気で、その日もコートの周りには人だかりが出来ています。 その時、ウテナは人だかりの中に知っている顔を見つけ、ハッとします。 それは昔恋人だった桐生冬芽という男でした。 君とこうして話すのは何年ぶりだろうと話しかける冬芽に、あんたを追いかけてここに来た訳じゃないと強がるウテナ。 ウテナは男子用の制服を着ており、そのことを尋ねる冬芽。 あんたと別れてから自分は志高く生きる王子様になろうと決めたんだと答えるウテナに、冬芽はバラを一輪差し出します。 その指にバラの刻印が記された指輪がはめられているのを見て、婚約したのかと思うウテナ。 しかし冬芽は言います。この「バラの刻印」がこの学園に自分を導いたのだと。 冬芽が去ってから、ウテナが一人赤いバラの花壇を見つめていると、その中に一輪だけ白いバラがあります。 突如そのバラは光り出し、中から先程冬芽が付けていた「バラの刻印」と同じものが現れたのです。 ふと上を見ると、沢山の赤いバラの花びらがどこからか降ってきます。 上には空中庭園があり、上ってみたウテナは、そこで姫宮アンシーという女子生徒に出会います。 アンシーは理事長の妹であり、この空中庭園は自分の為に特別に作られたものだと説明します。 その時、ウテナがバラの刻印を持っているのを見たアンシーは驚いた表情を見せたかと思うと、それを奪おうとしてウテナと揉めあいます。 その時です。西園寺莢一という男子生徒が現れ、バラの花嫁に手を出すなと言います。 バラの花嫁とはどうやらアンシーの事のようです。 すると、ウテナの持つバラの刻印を見た西園寺は、そうか君もデュエリストかと言いますが、ウテナは意味が分かりません。 よく見ると西園寺の指にもバラの刻印があります。 ウテナがバラの刻印について西園寺に聞きます。 西園寺いわく、このバラの刻印はバラの花嫁を手に入れる為の決闘に参加することが出来るデュエリストの証だということで. 劇場版少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録.

劇場版エンディングテーマ「フィアンセになりたい (Adolescence Mix)」 - 歌:及川光博 10. 「少女革命ウテナ」に出会い、主人公のウテナに憧れを抱いた子供でした。今回放送される劇場版も、当時映画館で圧倒され、2回見に行ったのを. 難解でシュールな展開、影を大胆に利用するなどの演劇性、J・A・シーザーの作るアングラ劇団「演劇実験室・万有引力」の劇中歌を決闘シーンで引用するなど、非常に癖の強い演出により、非常に人を選ぶ作品であるが、熱狂的なファンも多い。 同性愛、近親相姦などタブーにも大きく踏み込んだ脚本も印象的である。 アニメ監督の幾原邦彦はウテナとアンシーが同性同士の友情を超えた親密親密な関係になる事を当初から考えていた。 ただし、漫画の原作者でもあるさいとうちほは、アニメ放送時は、「視聴者が望んでいるものではない。」と否定していた。だが、アニメ終了後に「同性愛的な物を肯定できるようになった。」と「薔薇の黙示録」で語っている。 劇場版ではこの出来事を反映したのか、TVアニメ版より親密な関係になっていると思わせる事柄が幾つかある。 だが、アニメ版は、ウテナとアンシーとの関係性から「百合」と語られることが多いが、「女同士の友情」を真正面から描いた傑作でもある。. 黒薔薇編のメインキャラで高等部3年の天才。かつて根室教授が100人の少年と焼死したとされる根室記念館を根城に、馬宮とともにアンシーを狙い「決闘ゲーム」を掌握しようともくろんでいるようだが.

(廃盤 新品未開封品)劇場版 機動戦艦ナデシコ 少女革命ウテナ アキハバラ電脳組 3枚組 dvd-box 少女 革命 ウテナ 劇場 版 限定品 定価10290円 即決 4,500円 ウォッチ. 極楽往生者の座る蓮の花の形をした台、蓮台 3. この物語の主人公で中等部2年の女の子。上述のような経緯で男装をしており一人称も僕だが、本人の性自意識は女性のままである。「王子様」になった経緯として説明される彼女の過去は1話からたびたびアバンで挿入されるが寓話的なものであり、本当に明らかにされたのは最終盤であった。 生徒会の決闘ゲームに巻き込まれ、アンシーと交流を持つようになる。はじめは自分の理解を超えた状況や、アンシーの性格に違和感を感じ続けるも、やがてかけがえのない存在になっていく。一方でやがて自分に関する問題と立ち向かうことになり. -」にJ・A・シーザー本人による編曲版が収録されている)。 またウテナ自身のサウンドトラックとは別に、一部の合唱曲の原曲が収録された「万有引力◎黙示録」や、絶対運命黙示録の幻の二番が歌われたことで話題になった年のコンサート「大鳥の来る日」のライブアルバムなども存在する。さらに年には、その幻の二番が使用された絶対運命黙示録・完全版が収録された、ウテナをモチーフにした新アルバム「バルバラ矮星子黙示録 -アルセノテリュス絶対復活光とオルフェウス絶対冥府闇-」が発売された。. テレビ版、マンガ版、小説版、映画版とそれぞれ話が違うんですよ。(基本の設定は同じだけど)当時としてはまさしく「革命」的.

篠原若葉:今井由香 1. 。 千唾時子:日高のり子 1. 劇場版では監督のお気に入りだからかやたらと暗躍していて出番が多い。 土谷瑠果:佐々木望 1. 挿入歌(27話)「こんにちは赤ちゃん」 7. フェンシング部の本来の部長であるが、病気のため休学している。実は生徒会メンバーであり、「決闘ゲーム」に参加するデュエリストでもある。独自の思惑があるようだが.

少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録 1999年 劇場版. 幼い頃に助けてくれた王子様に憧れ、王子様になりたいと願うようになった少女天上ウテナは、入学した鳳学園で「薔薇の花嫁」と呼ばれる少女姫宮アンシーと出会う。 エンゲージした者に永遠に至る「世界を革命する力」を与えるという「薔薇の花嫁」をかけて戦い続けるデュエリストたちは、ウテナがかつて王子様から貰った指輪と同じ「薔薇の刻印」と呼ばれる指輪を持っていた、ウテナもまたこの決闘ゲームに巻き込まれ、その背後にある「世界の果て」へと迫っていく. 少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録【劇場版】 dvd 川上とも子 (出演), 渕崎ゆり子 (出演), 幾原邦彦 (監督) & 0 その他 形式: DVD 少女 革命 ウテナ 劇場 版 5つ星のうち4. 女子生徒が皆セーラー服を着ている学園で女子の制服を拒否し、一人だけ詰襟にショートパンツの少女がいる。 彼女の名はウテナ。剣を持ち、一人の少女の自由を守るために闘い続ける。 『少女革命ウテナ』第1話.

少女革命ウテナに関する質問です。TVシリーズ33話(別名トラウマ回)のウテナと鳳暁生のベッドシーンと、劇場版コミカライズ(後編の中盤に差し掛かる所)のウテナと桐生冬芽のベッドシーンについ て、皆さんはどう思いますか?皆様の回答をよろしくお願いします。 伝説の33話は衝撃だし秀逸と. アンシーはウテナに、空の上に逆さまに浮かぶ巨大な城を見せ、説明します。 あれは永遠があるという城であり、自分を手に入れるということはあの城に行けるということなのだと。 翌日ウテナと樹璃の決闘が始まりました。 樹璃は強く、ウテナは苦戦しますが、ピンチに陥ったその時ウテナの姿が王子様に変わります。 おやおやまだ王子様ごっこを続けるのかと笑う樹璃でしたが、王子様の動きは速く、あっという間に樹璃のバラは散ってしまいます。 その時、突然別の場所で騒ぎが起こります。 なんと、しばらく見かけなかった理事長、鳳暁生が遺体となって校内に埋められているのが発見されたのです。 泣き叫ぶ暁生の奥さん。 その時、生徒達の間で一本のスキャンダルビデオが話題になります。 そこに暁生を殺した犯人が映っているといいます。 映像に映っていたのは暁生とアンシーでした。 部屋に入った二人。 暁生はなんとアンシーの飲み物に睡眠薬を盛り、眠ったアンシーと何度も肉体関係を持っていたのです。 ところがアンシーは毎回眠っていなかったことに気付く暁生。 大丈夫、あなたは私の王子様だからいつでも好きにしていいのと話しかけるアンシーの声は錯乱した暁生には届きません。 暁生は車の鍵が見つからないと言って錯乱しているようでした。 大丈夫、あなたは私の王子さまと尚も言い続けるアンシーを押さえつけた暁生は、そのままアンシーの胸を刺してしまい、その後窓から飛び降りてしまったところで映像は終わっていました。 アンシーがいつの間にかいなくなっていることに気付いたウテナは、急いで探しに行きます。 アンシーを探して入り組んだ校内を走っていくうちに、ウテナは面会室という場所に辿り着きます。 矢印の看板に従い、奥まで進んでいくと、そこにはこの場に不似合いな電光掲示板があり、「エンゲージするものへ。この奥で待つ」というメッセージ。 奥に入ると、そこは懺悔室のような小さな部屋であり、部屋はエレベーターになっているようです。 そしてそこには冬芽の姿がありました。 エレベーターがゆっくり下がっていき、冬芽はウテナに何故アンシーに会いたいのか、やはり君も奇跡を起こす力が欲しくなったのかと尋ねます。 本当にそんなものがあるのかと聞くウテナに、冬芽はこの学園の事を説明します。 この学園は全て王子様を中心に作られたのに、肝心の王子様がいない為、この決闘. . See full list on dic.

最近「少女革命ウテナ」を観終わりました。ところで劇場版は何故声優や設定などが一部変更されたのですか?当時はこの作品、どんな感じだったのでしょう. という演出があり、決闘の後にはカタルシスと不思議な物哀しさが残る。 「根室記念館」と「懺悔室」という不思議な施設が特徴的だった第2クールは、ボスキャラである御影草時(みかげそうじ)をウテナが打ち破る決闘をもって決着。イリュージョンのように奇妙な物語がつむがれた“黒薔薇編”の正体は、御影の追いかけていた幻そのものだった。御影の過去への執着を断ち切ることになる一戦はとてもドラマチックで、その終わりにはやはり物哀しい余韻があった。 決闘テーマ曲:“ワタシ空想生命体”(サントラCD『体内時計都市オルロイ』収録) 脚本:榎戸洋司 絵コンテ:橋本カツヨ 演出:岡崎幸男 作画監督:林明美 初回放送日:1997年8月27日. TVアニメ 劇場版 未使用曲. 決闘に勝ったウテナは今やこの学園の王子様であり、この世界にいる限りどんな奇跡も永遠も手に入れることが出来るとアンシーは説明しますが、ウテナはここを出て外の世界に出ようと言います。 その時巨大なマシンがウテナを取り囲み、ウテナの姿はレーシングカーへと変貌を遂げてしまいます。 と、次の瞬間ウテナカーはどんどん錆び付いていくではありませんか。 アンシーはあの時錯乱していた兄の言葉を思い出します。 鍵が無い車はどんどん錆び付いていくと言って暁生は嘆いていたのです。 アンシーはふと自分の手の中を見ました。 そこには鍵が。 アンシーは元々鍵を持っていたのです。 アンシーは希望に溢れた表情で鍵を差込み、エンジンを掛けます。 その瞬間錆びは全て吹き飛び、ウテナカーは外の世界へ向けて発進します。 途中西園寺、樹璃、幹の三人に助けられながら、数々の困難を乗り越え、やがて遠くに白く輝く巨大なあの城を見つけるアンシー。 しかしそれは罠でした。 城は偽物であり、城の下は巨大なタイヤだらけ。 しかしアンシーは確信していました。 外の世界へはあの城の下を通り抜けなければ辿り着けないと。 アンシーは勢いよくアクセルを踏み込み、城の下に入って行きました。 ハンドルさばきで向かってくるタイヤをどんどん避けて進んでいきます。 やっと城から抜け出そうとしたその時、巨大な暁生の姿が現れ、ウテナカーもろともアンシーを押しつぶそうとしてきます。 僕と一緒に生きながら死んでいられるあの閉じた世界へ帰ろうと暁生は語りかけますが、自分はウテナと共に外へ行くとアンシーは言います。 どうせお前達が行き着くのは世界の果てだと笑う暁生に、そうかもしれないけれど、自分達の意思でそこへ行けるならいいとアンシーは答え、完全に兄との決別を決意します。 「世界を革命する力を!」アンシーとウテナがそう叫ぶと、巨大な暁生と城はバラの花びらと化して崩れ去ります。 道がない外の世界でも、自分達で新しい道を作って生きていこうと決意する二人が目指す先には、またも巨大な城が待ち受けていました。. 少女革命ウテナ 劇場版 『少女革命ウテナ アドゥレセンス黙示録』のタイトルで、完全新作の長編アニメーション映画として1999年8月14日から東映系で公開された。. 挿入歌(16話)「ドナドナ」 6. )に説得力を持たせるアニメーションもまた圧倒的だ。 さらに、決闘広場に向かう道のりで流れる挿入歌「絶対運命黙示録」、そして決闘のバックに用意された各回のテーマ曲で、“宝塚風”な雰囲気も合わさり『ウテナ』の世界観が完成する。男女混成の朗々とした合唱に奇抜なメロディ、激しく刻まれるリズムが独特の、あえて一言で表現するなら“合唱メタル”といったところか。アングラ演劇の世界で1970年代から活躍する音楽家J・A・シーザーが手がけたこれらの楽曲は、異質な反面、かなりキャッチーでもあり、作品全体の魅力を底上げしている。 派手でわかりやすい変身シーンや必殺技がないかわりに、決闘広場や挿入歌を中心に“お約束”のフォーマットも多数設けながら毎回の楽しみに変えていく。バンクシーンがこんなに楽しみなアニメって、今までになかったかもしれない。『ウテナ』の連続アニメとしてのおもしろさの基本は、この第1話で確立している。 決闘テーマ曲:“When 少女 革命 ウテナ 劇場 版 Where Who Which”(サントラCD『絶対進化革命前夜』収録) 脚本:榎戸洋司 絵コンテ:幾原邦彦 演出:高橋亨 作画監督:長谷川眞也 初回放送日:1997年4月2日.



Phone:(317) 415-7992 x 8156

Email: info@nulw.i-zooom.ru